不動産会社に行こう|快適に暮らせる家がたくさんある

住宅のイラスト

九州の中心としての位置

マンション

人口の流入の継続

福岡は九州の中心としての役割を果たしています。九州新幹線が鹿児島まで接続したことによって、交通アクセスの利便性が格段に向上したいため、福岡の九州地域での優位性がさらに向上しています。福岡にはビジネスが集中していることもあって、若年層の流入が顕著となっています。不動産価格の上昇も顕著になっており、不動産の取引が活発化しています。シルバー層では子供の成長によって二人世帯が増加しており、マンション売却によって従来よりも小さなマンションに住み替えを行うケースが増加しています。日本では中古市場の形成が欧米に比べて遅れておりましたが、最近はマンション売却物件の増加によって、中古市場の形成が進んできています。

訪日観光客の増加

福岡は地理的にアジアに近いということもあり、訪日観光客の増加が顕著になています。訪日観光客は富裕層が多いので、福岡での不動産投資にも興味を示します。福岡でマンションを開発する際にはマンション売却の対象として海外の富裕層を念頭に置くことも重要です。マンション売却をする際には海外のデベロッパーと提携して、現地で購入客を募集することが必要です。最近は日本の不動産を購入するためにツアーが組まれることもありますので、該当物件をツアーの行程に組み込む必要があります。日本の不動産価格は上昇しておりますが、一時に比べると大幅な円安になっているため、為替で換算を行うと依然と割安感のある物件が多く存在しています。